All About 女性の健康

自分の体のことって、意外とわかっていないもの。なにか変だと感じても、病院に行くほどなのかどうか、判断がつきません。ちょっとした体の悩みから深刻な女性の病気まで全て網羅。体だけでなく心の問題についても取り上げます。

骨盤底トレーニング|尿もれケアナビ

骨盤底トレーニング|尿もれケアナビ

骨盤底トレーニング|尿もれケアナビ

骨盤底筋がもろくなる腹圧性尿失禁

あまりおおっぴらに語られることはありませんが、尿もれを経験したことがある人、あるいは現在それで悩んでいる女性はとても多いようです。

尿もれにもさまざまなタイプがありますが、その代表は腹圧性尿失禁です。せきやくしやみをしたとき、笑ったとき、重いものを持ち上げたときなど、おなかに力がかかったときにチョロッと尿がもれてしまうのがこのタイプの尿失禁です。

原因は骨盤底の筋肉がもろくなってしまったことです。女性の骨盤の中には、子宮や膣、卵巣、膀胱、眾道、直腸、肛門などのいろいろな臓器がおさまっています。これらを下からしっかり支えているのが骨盤底筋です。この筋肉はまた、バルブのように尿道を締める役目もしています。そのため、普通は、膀胱に尿がたまっているときにおなかに力を入れても、骨盤底筋がギユッと締まって尿がもれるのを防いでくれます。

ところが、この筋肉がもろくなると、締める力も弱まるし、膀胱が下がって尿道の形も変わるため、ちょっとしたことで尿がもれるようになります。

産後や更年期に起きやすい

腹圧性尿失禁が起きやすいのは、まず出産後です。出産時、赤ちゃんの頭で押されて膣が伸びるときに、周囲の靭帯が切れたり、筋肉にダメージを与えたりして、これが骨盤底筋をもろくしてしまいます。実際に腹圧性尿失禁の割合は、出産経験者のほうが高いことがわかっています。ただし産後の尿もれは、多くの場合は一時的なものです。

尿もれに悩む人がいちだんと増えてくるのが、更年期に入って閉経を迎えるころです。これは女性ホルモンの分泌が減って、尿道を締める機能が衰えてくることも原因の一つです。また、この年代になると肥満の人が増えますが、それが骨盤底筋にかかる負担を大きくします。

ちなみに、おふろ上がりにいきなりおしっこがもれて、下着やパジャマをぬらしてしまった経験のある人もいるでしょう。これは尿ではなく、膣に入ったお湯が出てきただけです。出産経験のない若い女性にでもよくあることなので心配はいりません。

多いのは切迫性尿失禁との混合型

腹压性尿失禁の次に多いのが切迫性尿失禁です。これは、尿意を覚えてトイレに行くまでの間にジゃーッともれてしまうものです。

本来は膀胱に尿がたまると、膀胱の知覚神経がそれをキャッチし、その情報を大脳へ送ります。すると大脳から「尿を出せ」という指令が出て、そこで初めて尿道がゆるみ、膀胱が収縮して尿を排出します。ところが、なんらかの理由で、大脳からの指令を待たずに膀胱が収縮してしまうのがこの切迫性尿失禁です。

膀胱炎で膀胱が過敏になっているときなどは、このような尿もれを起こします。また、更年期に入って女性ホルモンが減少すると、膀胱や尿道に炎症が起きやすくなり、排尿のときに違和感を感じるという人も多くなります。

尿失禁の中では腹圧性尿失禁が圧倒的に多いのですが、純粋にこれだけというのはむしろ少なく、切迫性尿失禁がいっしょになっている混合型が全体の7、8 割くらいを占めています。

軽いものなら 脅盤底筋体操を

軽い腹圧性尿失禁なら、骨盤底筋体操をして骨盤底の筋肉を強化しましょう。

骨盤底筋体操は、尿道を閉めるバルブの働きを強めて尿もれを改善するだけでなく、まだ尿もれのない人の予防にも役立ちます。ただし、この体操ですベての腹圧性尿失禁がよくなるわけではありません。骨盤底の筋肉がダメージを受けて、膀胱や子宮が大きく下がってしまった人は、体操で治すのは不可能ですから手術となります。手術は開腹せずに膣からできるのが、ほとんどです。

また、切迫性尿失禁に対しては、少量の女姓ホルモンを補うとよくなるケースが珍しくありません。尿もれを予防するには、産後すぐから立ち仕事をして骨盤底に負担をかけたり、補正用下着をつけておなかを締めつけたりするのはやめましょう。

自分の体のことがよくわかる

体の悩み

No description. Please update your profile.

Copyright © 2017 Powered by sbpexcellent.com