All About 女性の健康

自分の体のことって、意外とわかっていないもの。なにか変だと感じても、病院に行くほどなのかどうか、判断がつきません。ちょっとした体の悩みから深刻な女性の病気まで全て網羅。体だけでなく心の問題についても取り上げます。

肥満は生活習慣病を招く?

肥満は生活習慣病を招く?

肥満は生活習慣病を招く?

<病気になりにくいのは、BMIが22前後 >

肥満を判定する国際基準として、最近ではBMI (Body Mass Index) が用いられていますが、

これは体重を身長の二乗で割った数字ですね。

例えば、身長160cmで体重が55kgの人なら → 55 ÷ 1.6 ÷ 1.6 = 21.48 で、BMI は約 21.5 ということになります。

理想はこの BMI の値が22前後で、統計的に見てもこのくらいの値の人が病気になりにくいことが解っています。

また、日本肥満学会でもBMIが18.5未満を低体重、18.5以上、25未満を普通体重、25以上をそれぞれ

段階別に分けて肥満と定められています。

自分の理想の体重、つまり標準体重を知りたい時は、身長×身長×22で計算していきましょう!!

< 肥満は生活習慣病を招く >

昔に比べると現代社会には太る原因がいっぱいあります。

24時間営業のコンビニで夜中でも食べ物が買えますし、食生活は欧米化して死亡の摂取量も格段に増えています。 そして、それに加えて運動不足。。。

また、ストレス社会になればなるほど、食べることで手っ取り早くストレス解消をする人も増えてきました。

このようにして摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ると、余ったエネルギーは中性脂肪となって体に蓄えられ、肥満となります。

女性は肥満を美容上の問題と捉えがちですが、肥満の怖さは生活習慣病密接な関係がある点にあります。 肥満の人とそうでない人と比べると、糖尿病・高血圧・高脂血症・動脈硬化・心臓病・胆石・脂肪肝などになりやすいことが解っています。

標準体重より30% 以上も太った極端な肥満になると、月経も止まってしまいます。

体脂肪に蓄えられた女性ホルモンが過剰になり、それを下垂体が卵巣からの女性ホルモンと錯覚して、逆にホルモンの分泌を抑えるようになるためです。

また、女性の場合は、閉経して女性ホルモンの分泌が減ると、その反動でかえって女性ホルモンを蓄えようとして内臓脂肪がたまりやすくなり、一気に肥満の人が増えてきてしまいますので、中年以降は特に要注意です!

肥満は遺伝的な要因が根底にあります。 体に脂肪をたくさん蓄えてしまう遺伝子を持っていると太りやすいのですが、原因はそれだけでなく、食事や生活習慣も大きくかかわっていますので、自分の食事や行動を太らない生活に改めていくことがとても大切になってきます。

自分の体のことがよくわかる

ダイエット, 体の悩み, 現代女性, 生活習慣病

No description. Please update your profile.

@ 2017 childcare-Care WordPress Theme.