All About 女性の健康

自分の体のことって、意外とわかっていないもの。なにか変だと感じても、病院に行くほどなのかどうか、判断がつきません。ちょっとした体の悩みから深刻な女性の病気まで全て網羅。体だけでなく心の問題についても取り上げます。

糖尿病は増加傾向にあるポピュラーな病気

糖尿病は増加傾向にあるポピュラーな病気

糖尿病は増加傾向にあるポピュラーな病気

40歳以上の10人に1人は罹患しているといわれる糖尿病は、年々増加傾向にあります。糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)を一定に保つことができなくなる病気です。初期のうちは自覚症状がないことから、糖尿病だとは気づかず、治療も受けずに放置し、悪化させてしまうことが多いようです。病状が進行して、のどの渴きや倦怠感、頻尿といった症状が出てきても、それは他の要因によるものだと勘違いし、放置してしまったり、健康診断などで異常が見つかっても、さほど気にせず見過ごしてしまいがちです。

インスリンの分泌が血糖値を一定に保つ

では、糖尿病とは一体、どのようにして引き起こされるのでしょうか。

わたしたちは生きていくために必要な栄養素を食物から得ています。食物から得た糖質は、胃や腸で分解されてブドウ糖になり、血液中に吸収されて体内のすみずみまで送られていきます。

このとき、エネルギーとして使われなかった余分なブドウ糖は、肝臓や筋肉中でグリコーゲンに変えられたり、中性脂肪として脂肪細胞の中で貯蔵されます。

その後、エネルギーが必要になったとき、これらのグリコーゲンや中性脂肪が分解され、再度ブドウ糖がつくられ、血液中に運ばれるのですが、糖尿病の人はこのシステムがうまく作動せず、血液中のブドウ糖が増えすぎてしまうというわけです。

このようなシステムをうまく作動させるためには、インスリンというホルモン物質が大きくかかわっています。インスリンは、ブドウ糖をエネルギーや脂肪に変えたり、蓄えられている脂肪が分解されるのを抑える働きをするからです。

インスリンは膵臓から分泌され、血糖値を下げる働きがありますが、なんらかの要因によって、インスリンが膵臓から分泌されなかったり、血液中でその効果を発揮することができなかったりして、 高血糖となるのです。

糖尿病を引き起こす遺伝と環境因子の関係

糖尿病は遺伝と環境因子の2つがからみ合って引き起こされます。家族の中に糖尿病患者がいる場合は、いない場合にくらべて糖尿病になる確率が高いとされています。

また、糖尿病になりやすい環境因子として、生活習慣の乱れがあげられます。過食傾向にあると、血液中のブドウ糖が急激にふえ、膵臓がインスリン分泌に対応しきれず、高血糖状態になります。この状態が続くと、膵臓のインスリンを分泌する働きがしだいに低下してしまいます。脂肪やタンパク質の多い欧米風の食生活、運動不足や肥満などで体脂肪が増えると、細胞のインスリン受容体の働きが落ちて、インスリンの作用が低下します。インスリンの分泌や作用が低下すると、ますます高血糖となってしまうのです。

精神的なストレスも糖尿病の原因となることがあります。ストレスを、食べることで解消しようとしたり、意欲減退が運動不足という形となってあらわれると、肥満を引き起こすこともあります。さらに、さまざまなストレスによって、アドレナリンが分泌され、血糖値が上がることがあります。

また、妊娠を機にホルモンのバランスがくずれたり、食生活が変化して発病したり、加齢とともに膵臓の機能が低下し、 糖尿病になるなど、さまざまな危険因子が考えられます。

静かに進行しながら、こわい合併症を引き起こす

糖尿病は初期には自覚症状がなく、進行が遅いため、知らないうちに病状が悪化していたということがよくあります。糖尿病を放置した結果、糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症などの合併症を引き起こし、進行すると、失明や腎不全に至るおそれがあります。

また、全身の神経機能がおかされ、末梢神経障害になり、手足のしびれや痛みなどの症状が出ることもあり、脳梗塞や心筋梗塞なども起こしやすくなります。

しかし、きちんと医師の診察を受け、症状に応じて血糖降下剤の投与やインスリン注射などを行いながら、食事療法や運動療法を続けていれば、合併症の進行を防ぐことができます。ただし、いくら血糖降下剤の投与やインスリン注射などを行っていても、食事療法や運動療法を行わなければ、その効果は半減してしまうことを肝に銘じておきましょう。

まずは生活習慣を見直し、自分で管理しながら治療にとり組むことが大切です。

自分の体のことがよくわかる

生活習慣病

No description. Please update your profile.

Copyright © 2017 Powered by sbpexcellent.com