All About 女性の健康

自分の体のことって、意外とわかっていないもの。なにか変だと感じても、病院に行くほどなのかどうか、判断がつきません。ちょっとした体の悩みから深刻な女性の病気まで全て網羅。体だけでなく心の問題についても取り上げます。

更年期障害 最初に始まるホルモンの変化

更年期障害 最初に始まるホルモンの変化

更年期障害 最初に始まるホルモンの変化

加齢による変化は女性性器に最も顕著で、特に卵巣は早々にサボタージュを始め、ホルモンの分泌に乱れを起こします。こうしたホルモン分泌の変化は性周期に影響し、月経周期の乱れや不定愁訴など、いろいろな更年期症状を招きます。

まず、成熟期には順調だった月経が、早まったり遅れたり、多量になったり少量になったりし、持続日数も変化します。月経周期の乱れが始まる年齢にはばらつきがみられ、40代初めで年に数回しか月経をみない人もいれば、50歳で閉経になるまで毎月月経のある人もいます。

閉経をはさんだ前後数年ずつが更年期

月経不順が続き、排卵を伴っていた月経が無排卵性月経となり、やがて閉経を迎えるのですが、閉経の時期も初経の時期と同様、個人差が大きいものです。閉経の平均年齢はおよそ50、51歳で、この時期をはさんだ前後数年ずつ、つまり45、46~55、56歲を更年期と考えていいでしょう。

閉経の前後は、さまざまな体の変調が出やすい時期で、治療の必耍があるほどの失凋を更年期障害と呼んでいます。軽いものならほとんどの女性が体験するといえ、肩こり、頭痛、腰痛、動悸、冷え症、発汗など、症状は金身にわたります。生活習慣病も発症しやすい年代ですから、このような症状が生活習惯病によるものでないか、その点もきちんとチェックする必要があります。

また、ホルモン分泌の変化に呼応して自律神経のバランスもくずれやすく、更年期で精神的な症状が出る人も少なくありません。わけもなく涙が出てきたり、イライラするなどの症状は、この時期の多くの女性が感じることです。また、この年代は子供の巣立ちの時期とも重なり、ひな鳥が飛び立って空になった巣のむなしさを覚える、空の巣症候群などに陥る人もいます。

そのほかあらゆる部分の老化が始まる時期

脳をはじめ、体の各器官の老化が徐々に始まる時期でもあります。更年期特有の自律神経の失調から起きるいろいろな不定愁訴も、ホルモン分泌の変化によるものばかりでなく、脳の老化も一因と考えられます。そのほか、心筋の収縮力が弱まり、心臓から送り出される血液量が減少します。動脈壁も硬化して弾力性を失い、血压が変動しやすくなったり、人によっては高血圧になったりします。肺や腎臓などの機能も低下してくるほか、胃の粘膜も萎縮してきて、腸の蠕動運動にも異常が起こりやすくなってきます。自律神経の失調も重なり、便秘や下痢になりやすいのもこの時期の特徴でしょう。

目に見える変化として、たとえば、しわやたるみ、しみなどがあげられます。皮膚が乾燥しやすくなり、かゆみや湿疹が出てきたり、髪の毛も細く薄くなって白髮が目立ってきます。目にも老化はあらわれます。老眼とは水晶体が老化し、遠近の調整がうまくできなくなって、近くにピントが合わなくなる状態ですが、これは一種の生理現象といえるでしょう。

耳も遠くなってきます。また、内耳の異常によって、めまいや雞聴、耳鳴りなどが起きるメニエール病も、更年期の女性に多くみられます。骨や関節にも変化が起こり、ひざや肩、手や指などの関節痛や、腰痛や肩こりなども更年期の代表的な症状でしょぅ。

しかし、更年期だからと、つらい症状をがまんして耐えることはありません。それぞれの症状や、その人の状態に応じた適切な治療を受けることで、つらい症状も改善されます。また、前向きな姿勢で食事や日常生活を見直し、努力することをいとわなければ、老化を遅らせることも可能ですし、はつらつとした更年期を送ることもできるでしょう。

自分の体のことがよくわかる

更年期障害

No description. Please update your profile.

Copyright © 2017 Powered by sbpexcellent.com