All About 女性の健康

自分の体のことって、意外とわかっていないもの。なにか変だと感じても、病院に行くほどなのかどうか、判断がつきません。ちょっとした体の悩みから深刻な女性の病気まで全て網羅。体だけでなく心の問題についても取り上げます。

更年期の性

更年期の性

更年期の性

閉経後に増える性交痛とその対策

更年期、特に閉経後の性生活で一番深刻なのが性交痛でじょう。医師にもなかなか相談できず、人知らず悩んでいるという女性は少ないはずです。

性交痛の原因は、エストロゲンの低下です。若い時の肌がピチピチしているのは、エストロゲンが皮膚の弾力性を保つコラーゲンを増やしているからなのです。更年期に入り、エストロゲンが低下して来ると、コラーゲンは失われ、肌は張りを失い、乾燥してガサガサになり、萎縮してシワも出てきます。

これと同じことが膣にも起こります。エストロゲンの減少によって膣内の分泌液を減り、膣内部が乾燥し、潤いがない状態になります。また、萎縮して弾力性も失われていきます。更に、膣内の酸性度も低なり、雑菌が繁殖して炎症を起こす萎縮性膣炎になりやすくなるのです。この状態の膣粘膜は、薄く華奢で、ちょっと触っただけで出血を起こします。内診されるだけでも痛いという状態なのですから、ペニスの挿入に苦痛を感じないわけがありません。ところが、セックスが間遠くなると、膣の粘膜はますます萎縮し、悪循環にはまってしまうのです。

性交痛対策には、まず、人工的な潤滑液であるゼリー剤があげられます。これは薬局などで市販されています。膣にうるおいを与える薬もあり、最近よく使われるのがエストロゲンの膣坐薬です。セックスの後、膣だけではなく、尿道の入り口あたりまで、ヒリヒリし、入浴の際など、石鹸が染みるというような人にも効果があります。また経口ホルモン剤では胃の調子が悪くなるような人にもオススメです。婦人科で診断の上処方していますが、もちろんHRTも性交痛解消の効果大です。

自分の体のことがよくわかる

セックス, 更年期障害

No description. Please update your profile.

Copyright © 2017 Powered by sbpexcellent.com