All About 女性の健康

自分の体のことって、意外とわかっていないもの。なにか変だと感じても、病院に行くほどなのかどうか、判断がつきません。ちょっとした体の悩みから深刻な女性の病気まで全て網羅。体だけでなく心の問題についても取り上げます。

放っておくと恐ろしい貧血

放っておくと恐ろしい貧血

放っておくと恐ろしい貧血

ほとんどが鉄欠乏性貧血

貧血とは赤血球の成分であるへモグロビン(血色素)が少ない状態のことで、これにはいくつかの種類があります。

体内の鉄分が不足して起きる鉄欠乏性貧血、骨髄の造血幹細胞の働きが衰えて正常な血液がつくれなくなってしまう再生不良性貧血、交通事故などで大量に出血して起こる失血性貧血などがよく知られています。そのほかに、高齢者や胃を切除した人にみられ、ビタミンB12や葉酸が欠乏して起こる悪性貧血、赤血球が破壊されて起こる溶血性貧血があります。

その中でも女性の貧血の大部分を占めるのが、ヘモグロビンの材料となる鉄が不足して起きる鉄欠乏性貧血です。へモグロビンはヘムという色素とタンパク質からつくられていますが、そのヘムの材料となるのが、鉄とポルフィリンという色素です。この鉄が不足するとへモグロビンができにくくなり、赤血球の産生も追いつかなくなってしまいます。

赤血球は体のすみずみまで酸素を連び、かわりに不用になった炭酸ガスを肺に持ち帰る重要な役目をしています。そのため、貧血になると赤血球が少なくなり、体が酸素不足を起こしてさまざまな症状があらわれます。

代表的な症状は、疲れやすい、体がだるい、重い、駅の階段を上がるときなどに動悸や息切れがする、めまいや立ちくらみがする、頭が重い、まぶたの裏が白い、顔色が悪く土色っぽくなる、スプーンネイルといってつめのまん中がへこんでスプーンのようになる、あるいはつめが薄くなって割れやすくなる、などです。

ただし、鉄欠乏性貧血は徐々に進むので、これらの症状があっても本人は惯れてしまってなかなか気づかないものです。健診や人問ドックを受けて初めて発見されることが多く、発見が遅れがちです。

ダイエットや偏食も原因に

女性は毎月月経によって鉄分が失われるので、そもそも貧血になりやすいものです。中学生や高校生ころの体が急激に成長する時期には、鉄分の供給が追いつかなくて思春期貧血と呼ばれる貧血がよくみられます。また、妊娠、出産、授乳などによっても鉄分が失われます。

それに加えて、最近の若い女性に多いのは、ダイエットや食事の偏りからくる鉄不足です。食事がわりにカップめんや菓子パン、ファストフードばかり食べていては栄養が偏って鉄不足になってしまいます。

貧血の原因はこれだけではありません。なんらかの病気で、見えないところで慢性的な出血が起きているために貧血になることもあります。よくあるのは、子宫筋腫や子宮内膜症による過多月経、痔の出血、胃潰瘍や胃炎による出血などです。

病気によるものかどうかをチェック

貧血は徐々に進むので、その状態に惯れてしまって放置しがちです。しかし、ほうっておくと、酸素を供給するために心臓がフルに働かなければならず、心臟に負担がかかってしまいます。そうならないためにも、贫血は早めに治故しておきましょう。

健診や人問ドックで貧血が見つかった人は、内科や婦人科を受診して、まず原因を調べてもらうことが大事です。健診や人間ドックを受けたことはなくても、前述のような贫血の症状がある人も、一度検査を受けましょう。もし病気によって貧血が起きていることがわかれば、もとになる病気を治療します。

病気もなく、食事の偏りからくる軽い鉄欠乏性貧血とわかれば、まず食事による改善を行います。ダイエットはお休みし、栄養のパランスを考えて3食きちんと食べましょう。鉄分を多く含む食品はレバー、肉、魚の血合い、うなぎ、ひじき、しじみ、大豆、緑黄色野菜などです。毎日の食事にこれらをとり入れましょう。それと同時に、鉄の吸収をよくするビタミンCをとることが大事です。

しかし、貧血が進むと食事だけで治すのは無理があります。その場合は鉄剤を飲んで鉄分を補います。1、2カ月飲めば確実に効果が出てきます。鉄を含んだサプリメントも市販されています。これで貧血を治療するのは無理ですが、日ごろから鉄不足の人には、貧血予防になるでしょう。

自分の体のことがよくわかる

体の悩み

No description. Please update your profile.

Copyright © 2017 Powered by sbpexcellent.com