All About 女性の健康

自分の体のことって、意外とわかっていないもの。なにか変だと感じても、病院に行くほどなのかどうか、判断がつきません。ちょっとした体の悩みから深刻な女性の病気まで全て網羅。体だけでなく心の問題についても取り上げます。

妊娠・出産は、女性の一大イベント

妊娠・出産は、女性の一大イベント

妊娠・出産は、女性の一大イベント

性ホルモンが安定し、女性として心身ともに成熟しているこの時期が、妊娠に最も適しているときといえます。しかし現代は、仕事や趣味など、成熟期の過ごし方に個人差が大きく、「やりたいことがあるから妊娠はまだ先」と思っている人も多いかもしれません。

でも妊娠すれば、自分の体の中で動く新しい生命に、このうえない喜びを感じるはず。そして、わが子をその胸に抱いたとき、小さな命の重みに涙が出るほどの感動を覚えています。女性にとって、 妊娠・出産は、まさに一大イベント。1人でも多くの女性に、妊娠・出産という幸せを味わってほしいと思います。

ただし、妊娠できる期間には限りがあります。40歳を過きると、一般的に妊娠率も下がるのは事実です。また、妊娠できたとしても、先天異常のリスクが高まり、母体への負担も大きくなるといわれています。妊娠するなら、20~30代の初めが理想的といえるでしよう。

妊娠しても、仕事はあきらめないで

しかし、20〜30代初めの女性は、仕事を持つている人が多く、職場においてもキャリアを重ね、やりがいのあるビジネスライフを送っている最中でもあります。ときには、妊娠にとまどうことがあるかもしれません。そのとき、「仕事か出産のどちらかをあきらめる」のではなく、「なんとかして両立させる」ことを考えてほしいのです。

実際、働きながら子育てをしている人はたくさんおり、けっして不可能なことではありません。「働きながら、毎日がんばっているお母さん」の姿を見る子どもたちは、きっと、親の愛情や責任をいっそう強く感じながら育ってくれることでしょう。

妊娠•出産には、夫や親など家族のほかに職場や地域の子育て支援など、周囲の協力がなくてはなりません。妊娠前から自分の意志をしっかり持って、周囲と話し合い、ぜひとも仕事と妊娠・出産を両立させてほしいと願っています。

自分の体のことがよくわかる

仕事, 妊娠・避妊, 子宮・卵巣, 月経・生理, 現代女性

No description. Please update your profile.

Copyright © 2017 Powered by sbpexcellent.com