All About 女性の健康

自分の体のことって、意外とわかっていないもの。なにか変だと感じても、病院に行くほどなのかどうか、判断がつきません。ちょっとした体の悩みから深刻な女性の病気まで全て網羅。体だけでなく心の問題についても取り上げます。

受精のしくみ

受精のしくみ

受精のしくみ

排卵した卵子は、 卵管で精子を待つ

女性には、左右にそれぞれ1つずつ、2つの卵巣があり、その中には卵胞(卵子が入っている袋)が詰まっています。思春期以降になると、何十万という卵胞の中から、たった1つの卵胞が、卵胞剌激ホルモンの働きで発育します。やがてその中の成熟した卵子は、卵胞を守っていた膜を破り、卵巣から飛び出していきます。これが「排卵」です。

直径約0.1mmの卵子は、卵管采にキャッチされて卵管に運ばれ、卵管の広くなった部分(膨大部)に移動して、精子の到着を待ちます。卵子は、ほぼ24時間で死んでしまうため、受精できるのは24時問以内。しかし、うまく卵管采にキゃツチされなかったり、24時問以内に精子と出合わなければ、妊娠は成立しません。

数億個の競争の果て、たった1つの精子がゴールイン

精子は、男性の精巣(睾丸)でつくられ、精巣上体(副睾丸)で射精のときを待っています。一度の射精によって出る精液の量は約1~6ml、その中に含まれる精子の数は1億~4億個。その大きさは約0.06mmといわれます。射精によって女性の膣の中に入り込んだ精子たちは、膣から子宮の入り口へ向かって泳ぎ始めます。しかし、その多くは膣から外へ流れ出てしまいます。やっ とたどり着いた子宮の人り口(頸管)では、頸管粘液が分泌され、精子が入りやすくなっているのですが、それでもこの時点の精子の数は、射精されたときの約1000分の1。さらに、卵管にいる卵子のもとにたどり着けるのは、200に満たないといわれています。卵管膨大部で,卵子を見っけた精子の中で、卵子を包む透明な殻(透明帯)を突き破り、中に入り込んだたった1つの精子が卵子を獲得します。これで、受精が成立したことになります。

受精卵は、分裂しながら子宮に着床する

受精によって結ばれた精子と卵子は、受精卵となります。ちなみに赤ちゃんの性別は、この受精の瞬間に決まっています。受精卵はやがて、卵管から子宮の中へと移動し、この間に、2つ、4つ、8つ……と、細胞分裂を繰り返して、桑の実のようになります。そして、赤ちゃんのもととなる胞胚となり、子宮に着くころには、100個以上の細胞の塊になっているのです。

一方、子宮の中も変化しています。受精卵が落ち着くベッドの役割を果たす子宮内膜は、エストロゲンとプロゲステロンといぅ女性ホルモンの働きによって、厚くなり、フワフワにやわらかくなります。受精から約1週間ほどで子宮の中へ移動した受精卵は、10~12日後に、子宮内膜へもぐり込みます。これを「着床」といい、この着床によって、妊娠が成立したことになるのです。

着床した受精卵は、子宮内膜から栄養をもらいながら、さらに分裂を繰り返し、 胎児のもととなる「胎芽」へと育っていきます。

自分の体のことがよくわかる

妊娠・避妊, 子宮・卵巣

No description. Please update your profile.

@ 2017 childcare-Care WordPress Theme.