All About 女性の健康

自分の体のことって、意外とわかっていないもの。なにか変だと感じても、病院に行くほどなのかどうか、判断がつきません。ちょっとした体の悩みから深刻な女性の病気まで全て網羅。体だけでなく心の問題についても取り上げます。

ダイエット・ストレスによる無月経

ダイエット・ストレスによる無月経

ダイエット・ストレスによる無月経

ダイエットの落とし穴

子供時代から成熟期へと移行する思春期は、体の変化に個人差が大きいため、人と違う自分が気になり、太りすぎているのではないかと悩むことがあります。また、スリムな体へのあこがれや、好きな男の子から「太っている」と言われたなどのさまざまな原因で、ダイエットをする女の子が増えています。

やせたいとき、最も手軽にできるのが食事制限。たとえば、一度の食事で食べるご飯が子供茶わんの半分、おかずはとうふと野菜をほんの少々といった食事を4力月続けて、それまで順調にあった月経がピタリと止まってしまった高校生の列があります。こうした無理なダィエツトによる減食性無月経は、特に思春期の女の子に増えています。しかも月経が止まった原因が、無理なダイエットにあると気がつかないケースが多いのです。

治療はなるべく早く

ダイエットによる無月経は、ホルモン失調が直接の原因になります。なかでも重症なのが、ホルモンの中枢である視床下部性の無月経です。このようなケースは、とにかく早く治療を開始することが必要です。特に思春期の体は、性腺機能が成長の途中なので、早く治療しないと、将来不妊に悩むことになりかねません。ほんの数力月のダイエットが、重大な障害を残すことも少なくないのです。

受験が引き起こす無月経

思春期は、受験期と重なるので、受験のプレッシャーがストレスとなって、月経不順や無月経を引き起こします。多くの場合、睡眠不足や疲労がストレスとなり、基礎体力が落ちているため、月経トラブルのほかにもさまざまな問題が出てきます。受験が終われば月経も再開するケースが多いのですが、なかには重症のトラブルで将来的に問題を残すこともあります。無月経が続く場合は、婦人科で相談しましょう。

自分の体のことがよくわかる

体の悩み, 月経・生理

No description. Please update your profile.

Copyright © 2017 Powered by sbpexcellent.com